蘭の役割

ジョーロ蘭の役割も最後になりました。蘭の花言葉は、優雅や美しい貴婦人から想像されるように、象徴という言葉でいえます。テンドロビウムでは、わがままな美人からも男性からすれば憧れであり、女性からしても人から注目されていることは嬉しいものです。それは、蘭はラン科の被子植物で単子葉類です。世界の植物の一割を蘭が占めるといわれるほど、蘭は多くの土地で植えられて育っているのです。

このような蘭は、蘭単独で育っているのではなく、花粉という花粉塊を利用して、多くの昆虫の助けを得て、花粉が広範囲にわたり交雑され、たくさんの蘭の種類が出来るのです。それは、自然と共生しているからこそ、成し遂げられるものなのです。

また、蘭の花は美しいといわれるように、多くの方が摘んで家に持ち帰ったり乱獲することで、蘭の花が無くなってしまうのではと、絶滅が心配されているものもあります。これは、野生蘭の国際間移動を規制するワシントン条約というものがあるのです。このように、多くの植物の中で人々から愛されている蘭の役割は、象徴であり、形や色の美しさでもあるのです。さらに、蘭は一年中、何かかしらの蘭が咲く時期があります。どこでも、素敵な少女や貴婦人が咲くです。このように、蘭は多くの役割があって自然と共に生きていて多くの方から愛されていることを実感していただけると幸いです。

代表的な蘭の花

蘭ここでは、代表的な蘭の花を紹介していきます。まずは、胡蝶蘭です。胡蝶蘭は、中国、台湾、オーストラリアにもあって東洋欄です。白花、ピンクや赤花、黄花があげられます。胡蝶蘭をファレノプシスともいいます。次は、洋蘭でよく知られるカトレヤです。四大洋蘭の代表格でもあります。中南米が原産です。コスタリカという国ではカトレヤが国の花にもなっており、広く愛されている花でもあります。そのカトレヤは土に根をはって育つのではなく、他の木や岩盤に根をはる着生植物であります。

さらに、デンドロビウムがあります。蘭の中では育てやすいです。その理由は、熱帯や日本でも植えられているからです。また、シンビジウムがあるのですが、東南アジアの熱帯から温帯で育てられていて、広く分布しています。この花は冬にも強いのが特徴で冬の花の贈り物では、テンドロビウムが使われます。

終わりに、バンダがあります。バンダは、東南アジア原産の洋蘭です。花の色が様々で他の蘭ではあまり見られない青色の花をもつのが特徴です。代表的な蘭をご存知な方、はじめての方もいるはずです。蘭を好きになるきっかけになれば幸いです。また、蘭ではない植物であるにも関わらず綺麗な花ということで蘭という名のついている花もあるのです。このことから、蘭が皆さんにとって親しまれていることは十分理解いただけたはずです。

蘭の花の特徴とは何か

今まで紹介のあったように広い範囲で植えられている蘭は、南極大陸以外の全ての大陸で育っています。花は、とても特徴的です。6枚の花びらがあって、すべてが同じ形や大きさではなくて左右対称になっていて、胡蝶蘭では多くが星型の形をしています。6枚の花びらの内、1枚が独特なのです。袋になっていたり、花びらがすぼめた状態になっていて、他の花びらと様子が異なるのです。これを唇弁(しんべん)あるいは、リップといいます。この唇弁で蘭の花の様子を伝えることが多くあります。

蘭雄しべと雌しべは、一緒になって1つとなっています。これをずい柱といいます。さらに、蘭の花粉は固まっているので花粉塊といいます。そこで、花粉塊があることによって昆虫の身体に付着して他のところへ運ばれ受粉されることになるのです。この花粉塊によって多くが受粉され、多くの蘭の種類がつくられることにもなるのです。このことから、蘭と昆虫が共に進化してきたことがいえます。

また、蘭を洋蘭と東洋蘭と分けることがあります。世界中に植えられている蘭ですが、元々日本や中国にあった蘭の場合、東洋蘭といいます。また、日本で植えられてあった蘭でも元々は他の地域にあった蘭の場合は洋蘭といいます。

蘭の役割とは何か

蘭は、ラン科の植物であり、英語でOrchidaceaeといいます。蘭は単子葉類に属し、葉脈は平行であり、葉は笹の葉のように1つの線に沿って流れています。もちろん、芽の出始めに出る子葉の枚数は一枚になります。蘭以外にも稲やトウモロコシがあげられます。単子葉類ではない場合は、双子葉類があげられ子葉の枚数も二枚になります。

女性このように、単子葉類や双子葉類をまとめて被子植物といいます。植物の進化でいいますと、コケ植物、シダ植物、裸子植物、被子植物と考えられますので最終の進化した状態でもあるといえます。皆さんは、蘭についてどう考えるか様々です。蘭は寒いところから暑いところまで広く分布しております。また、被子植物の中でも一番種類の多い植物です。具体的には、日本で蘭は230種あるといいます。そして、色とりどりの蘭があり品種改良も進んでおります。また、自然な野性の欄、綺麗な蘭を摘み取ることから種類によっては数が少なくなり絶滅が心配されているものもあります。このように蘭は、色とりどりで人を和ますものとして広く知られております。

具体的には、胡蝶蘭(こちょうらん)を浮かべる方が多いはずです。胡蝶蘭とは、新築祝いや開店祝いの時に用意される花であり、花言葉は幸せがやってくる意味や、純真な気持ちの愛という意味に使われます。もちろん、女性に大変人気があり欄といえば胡蝶蘭という方が多いのも納得できるはずです。それでは、これから蘭の役割を伝えていきます。