蘭の役割

蘭の役割も最後になりました。蘭の花言葉は、優雅や美しい貴婦人から想像されるように、象徴という言葉でいえます。テンドロビウムでは、わがままな美人からも男性からすれば憧れであり、女性からしても人から注目されていることは嬉しいものです。それは、蘭はラン科の被子植物で単子葉類です。世界の植物の一割を蘭が占めるといわれるほど、蘭は多くの土地で植えられて育っているのです。

このような蘭は、蘭単独で育っているのではなく、花粉という花粉塊を利用して、多くの昆虫の助けを得て、花粉が広範囲にわたり交雑され、たくさんの蘭の種類が出来るのです。それは、自然と共生しているからこそ、成し遂げられるものなのです。

また、蘭の花は美しいといわれるように、多くの方が摘んで家に持ち帰ったり乱獲することで、蘭の花が無くなってしまうのではと、絶滅が心配されているものもあります。これは、野生蘭の国際間移動を規制するワシントン条約というものがあるのです。このように、多くの植物の中で人々から愛されている蘭の役割は、象徴であり、形や色の美しさでもあるのです。さらに、蘭は一年中、何かかしらの蘭が咲く時期があります。どこでも、素敵な少女や貴婦人が咲くです。このように、蘭は多くの役割があって自然と共に生きていて多くの方から愛されていることを実感していただけると幸いです。

投稿者について

運営者