蘭の役割とは何か

蘭は、ラン科の植物であり、英語でOrchidaceaeといいます。蘭は単子葉類に属し、葉脈は平行であり、葉は笹の葉のように1つの線に沿って流れています。もちろん、芽の出始めに出る子葉の枚数は一枚になります。蘭以外にも稲やトウモロコシがあげられます。単子葉類ではない場合は、双子葉類があげられ子葉の枚数も二枚になります。

このように、単子葉類や双子葉類をまとめて被子植物といいます。植物の進化でいいますと、コケ植物、シダ植物、裸子植物、被子植物と考えられますので最終の進化した状態でもあるといえます。皆さんは、蘭についてどう考えるか様々です。蘭は寒いところから暑いところまで広く分布しております。また、被子植物の中でも一番種類の多い植物です。具体的には、日本で蘭は230種あるといいます。そして、色とりどりの蘭があり品種改良も進んでおります。また、自然な野性の欄、綺麗な蘭を摘み取ることから種類によっては数が少なくなり絶滅が心配されているものもあります。このように蘭は、色とりどりで人を和ますものとして広く知られております。

具体的には、胡蝶蘭(こちょうらん)を浮かべる方が多いはずです。胡蝶蘭とは、新築祝いや開店祝いの時に用意される花であり、花言葉は幸せがやってくる意味や、純真な気持ちの愛という意味に使われます。もちろん、女性に大変人気があり欄といえば胡蝶蘭という方が多いのも納得できるはずです。それでは、これから蘭の役割を伝えていきます。

投稿者について

運営者